ホークスの2024年度ドラフト1位は宗山塁か、金丸夢斗か

※アフィリエイト広告・アドセンス広告を利用しています

ホークス考察
この記事は約4分で読めます。

今回はホークスの2024年ドラフトについてです。

2023年ドラフトは大豊作と言われる年でした。

東都6人衆、高校BIG4の他にも注目選手は数多くいました。

結果的に高校BIG4の一角、真鍋慧選手が指名漏れになってしまうほどです。

そんな大豊作の2023年ドラフトで、大学3年生なのにドラフト1位の評価を受けていた選手が2人。

宗山塁選手金丸夢斗投手です。

今回は2024年ドラフトでホークスがこの2人のどちらかを1位で指名すると仮定します。

その中でよりチームにフィットする選手を考察します。

まずは軽く選手の説明から。

宗山塁

まずは宗山選手。

20年に一人の逸材

宗山選手は右投げ左打ちの内野手で、ポジションはショート,セカンドです。

明治大学の正ショートストップで、大学日本代表でも正ショート3番打者を務めます。

打って守れる貴重な選手です。

特に守備は侍ジャパン井端弘和監督から認められるほどで、既にプロ級という評価。

阪神,ロッテで18年間プレーした名選手、鳥谷敬氏と比べられることも多いです。

それで20年に一人の逸材と言われるようになりました。

ホークスのショート事情

ホークスには今宮健太選手という正ショートストップがいますが、彼は来年33歳の年になります。

そろそろ世代交代を図りたいところ。

2023年度はショートのレギュラーを目指す川瀬晃選手が自己最多の102試合に出場。

2022年度は野村勇選手がホークス球団新人最多本塁打に並ぶ10本塁打と10盗塁を記録。

2020年ドラフト4位で川原田純平選手、2022年ドラフト1位でイヒネイツア選手という高校生ショートを獲得。

育成でも緒方選手仲田選手西尾選手勝連選手小林選手桑原選手藤野選手山下選手中澤選手と名前を挙げればキリがないくらい候補はいます。

ただこれだけいても、未だ突出した選手が出てきていないのは事実です。

全ては2024年次第

2024年度のホークスの内野手は自チームの選手と競うのはもちろん、「宗山塁」という存在を意識しながら過ごす一年になりそうです。

今宮選手のポジションを誰も奪えないようだと、確実に宗山選手の獲得に動くからです。

もしも宗山選手が本当に20年に1人の逸材だったとすると、10年以上ホークスの正ショートは宗山選手になります。

あくまでも競合で宗山選手を獲得出来たらの話ですが。

金丸夢斗

関西の奪三振マシーン

金丸投手は左投げ左打ちの先発投手です。

最速153キロのストレートと多彩な変化球をコントロール良く投げ込みます。

2023年秋季リーグ成績は6先発で4完投、その内2試合が完封。

防御率は驚異の0.35

関西大学リーグの通算防御率も1.07

通算の奪三振率が11.73,四死球率が1.75

凄いという言葉しか出てきません。

和田投手のように球の出所が見にくい中で150キロ越えの球がコントロール良く来るので、打者が打てないのも納得です。

ホークスの先発左腕事情

ホークスは2023/11/21時点で支配下投手は32名いますが、その内22名が右投手で左投手10名の倍以上です。

また、先発の左腕というところで見ていくと、2023年度のホークスで最もイニングを投げた投手は42歳の和田毅投手でした。

続いて大関友久投手、最後に松本晴投手です。

明らかに人材不足です。

モイネロ投手が2024年度は先発に転向するそうですが、モイネロ投手の契約は来年で切れます。

再来年はどうなるか全く分かりません。

ただ、期待の若手先発左投手は確かにいます。

木村大成投手は非公式試合で無双。

大野投手は高卒2年目で先発挑戦??

ゴールデンルーキー前田悠伍投手

育成の三浦瑞樹投手藤田淳平投手前田純投手佐藤宏樹投手

これをどう見るかです。

若手の伸び次第

ホークスは基本的に左が少ないから左を取るということはしません。

ただ金丸投手に関しては右左関係なくNo.1の評価が予想されます。

「投手が2024年度も12球団ワーストのQS率だった。」

「左の先発で一番目立ったのは和田投手だった。」

こうなると間違いなく金丸投手を指名します。

ただ、木村大成投手や前田悠伍投手がある程度一軍で結果を残したり、その他の投手も目立つ活躍をすれば話は変わります。

つまり、ショートと同様、2024年次第,若手の伸び次第になります。

現時点での予想

ここからはあくまでも私の予想です。

2022年ドラフトで高校生ショートのイヒネイツア選手をドラフト1位で指名。

ホークスはこの選手にホークスの未来を託した

それから2年後の2024年ドラフト1位で大学生即戦力ショートを獲得。

こんなことありえるのでしょうか?

2年前のドラフトが間違いだったと言ってるようなものです。

だから、そんなことは絶対にしないと思います。

よって、金丸夢斗投手で間違いないです。

「2023年度ドラフトでは本当は即戦力左腕の武内夏暉投手が欲しかった。」

「でも取れなかった。」

「今回は絶対に…」

となってるはずです。

絶対に競合するので、外した時のことまで考えているでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました